News

若々しいカラダづくりは中身から!

鶏のササミをたくさん食べて、牛乳やプロテインをがぶ飲みして筋トレに励む。

若い頃なら、それだけでも筋肉は養えるでしょう。

しかし、30代後半以降になったら、そうはいきません。

 

一定量以上のタンパク質をカラダに摂り入れるということは、ある意味ハイリスクハイリターン。

筋肉が衰える一方で、脂肪やコレステロールを摂り入れるリスクが高まります。

初心者のうちはなれない運動で活性酸素が大量に発生し、それが脂肪と結びついて過酸化脂質となり、老化や動脈硬化などの原因になることも。

 

そこで、中年以降に筋トレを始める場合は、油の摂り方にひと工夫が必要です。

 

まず、脂肪の構成成分、脂肪酸の種類に注目すること。

脂肪酸は、動物性脂肪に大奥含まれる飽和脂肪酸と、植物や魚に多く含まれる不飽和脂肪酸に大別されます。

飽和脂肪酸は動脈硬化や脂質異常症との関連が深く、不飽和脂肪酸はこれらを予防する効果をもつといわれています。

なかでも、オメガ-3系と呼ばれる脂肪酸は、体内での炎症反応や血管に由来するさまざまな症状を予防する効果が期待できます。

普段の食事で飽和脂肪酸やオメガ-6系と呼ばれる脂肪酸は十分な量が補給できています。

これに対して、オメガ-3系は意識的に摂取する必要があります。

 

具体的には、しそ油やえごま油などに含まれているa-リノン酸、マグロや青魚に含まれているDHA,EPAの3種類がオメガ-3系の脂肪酸です。

 

これらの脂肪酸は体内では有効な働きをしますが、空気中では非常に熱に弱く酸化しやすいという特徴があります。

ですから、しそ油やえごま油は加熱せずに、サラダやスープにそのままかけて食べる。

酸化しないうちに使い切れる少量のポーションで買うというのもポイントです。

青魚はできるだけフレッシュなものを生で食べるというのが理想的です。

おすすめの食べ方は、マグロやタイ、イワシなどにしそ油やえごま油をかけたカルパッチョ。

DHA,EPA,a-リノン酸を同時に摂ることができます。

ちなみに青魚の干物はすでに油が酸化しているので、常食はおすすめできません。

良質な油はお肌や便秘にも良いと言われています。

30代からは食事もバランス良く年齢にあった食事をするのが理想です。

 

\ オンライン食事指導 /

 

トランスジムのオンライン食事指導では、ご年齢や身長体重、普段の運動指数に合わせてカロリーやPFC摂取量を分析し、なりたいお身体に合わせて食事法をお伝えしています。

ボディメイクダイエット以外にも、毎年の健康診断に悩まれる方にもおすすめをしています。

 

さらにオンラインなので、遠方の方でも食事指導を受けることが可能となります。

様々な方の身体を変えてきた、ダイエットインストラクターやボディビルチャンピオンによる経験と理論に基づいた指導法に興味のある方は是非下記のホームページへ!

Access

拠点の所在地について分かりやすくご案内していますのでぜひご覧ください

概要

店舗名 TRANCE GYM
住所 新潟県燕市杣木2658
電話番号 0256-47-4182
営業時間 24時間年中無休


スタッフ対応時間 火曜〜土曜 10:30-13:30 / 15:30-22:30
祝日/日曜 10:30-13:30 / 15:30-20:00
※13:30-15:30はスタッフ対応外の時間帯です。

ノースタッフデー:月、その他(月曜日が祝日の場合、翌火曜日がノースタッフデーとなります。)
※その他不定休(GW、正月など)
※スタッフ対応時間のみご見学や体験が可能です。
最寄り 燕三条駅から車で10分

アクセス

ボディビルコンテストでの上位入賞経験もあるトレーナーが在籍していますので、シェイプアップからバルクアップまで幅広くサポートできます。これからワークアウトを始めるなら、まずは燕市に構えている拠点まで足を運んでみませんか。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事