News

減量中でも赤身肉を摂取すべき理由

ほとんどのボディビルダーは、脂肪が多いという理由で赤身肉を避ける傾向にあります。

オフシーズンも体脂肪を低く保ちたい、またはコンテストに向けて脂肪を減らしたいと思っているボディビルダーは普通、脂肪を含まないタンパク源、例えば魚や卵の白身、プロテインパウダー、鶏胸肉といったごく脂肪の少ない無くを摂っているのです。

しかし、多くのボディビルダーは赤身の肉には脂肪の多いものもある一方、脂肪のごく少ないものもあることを知らない選手が多いです。

脂肪のごく少ないものというのは、外国産の牛モモ、ラウンド、ヒレ、それに、フランクステーキ(あばら骨についた肉です。腹の方をともばらと呼びます。赤身と脂肪が薄い層となって交互に重なっているのが特徴で、三枚肉とも呼ばれています)です。

これらは鶏胸肉と同じ位脂肪が少ないのです。

コンテスト前でも毎日摂ることができます。

 

赤身肉が力とサイズを増すのに役立つと、ずっと言われ続けられています。

クレアチンを多く含んでいるため、力を瞬時に出し切るためのエネルギーが供給されます。

コンテストに向けてカロリーを下げると、エネルギーレベルも明らかに下がります。

しかし、クレアチンを摂ることにより、低カロリーな食事でもエネルギーを高めることができるのです。

クレアチンは、鶏肉や魚、卵の白身には、ほとんど含まれていません。また、サプリメント会社がクレアチンを添加しない限りは、プロテインパウダーにもほとんど含まれていません。

また、コンテストに向けて豚肉を食べないようにしているボディビルダーは、クレアチンだけでなく、アラニンも摂ることができません。

アラニンはアミノ酸も一種で、コンテスト前のダイエット等で体内に炭水化物が少ない場合にグルコースをつくることができるのです。

食事から摂るアラニンの量が少なく、しかもコンテスト前で低エネルギーのダイエットを行ったりした場合、身体はすぐにアラニンを作り出そうとします。

しかし、アラニンをつくるには自身の筋肉を使い、アラニンをつくらなければいけません。

これは筋肉が破壊されていく過程のカタボリック状態になります。

 

Access

拠点の所在地について分かりやすくご案内していますのでぜひご覧ください

概要

店舗名 TRANCE GYM
住所 新潟県燕市杣木2658
電話番号 0256-47-4182
営業時間 24時間年中無休


スタッフ対応時間 火曜〜土曜 10:30-13:30 / 15:30-22:30
祝日/日曜 10:30-13:30 / 15:30-20:00
※13:30-15:30はスタッフ対応外の時間帯です。

ノースタッフデー:月、その他(月曜日が祝日の場合、翌火曜日がノースタッフデーとなります。)
※その他不定休(GW、正月など)
※スタッフ対応時間のみご見学や体験が可能です。
最寄り 燕三条駅から車で10分

アクセス

ボディビルコンテストでの上位入賞経験もあるトレーナーが在籍していますので、シェイプアップからバルクアップまで幅広くサポートできます。これからワークアウトを始めるなら、まずは燕市に構えている拠点まで足を運んでみませんか。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事