News

筋肉痛が起こるしくみ①

運動による金にきつうには、運動直後に起こる「早発性筋痛」と運動後1〜2日経ってから起こる「遅発性筋痛」がある。

早発性筋痛は、物理的なダメージ(筋膜の部分断裂)や、代謝物(水素イオンなど)が筋肉内の痛み受容器を刺激して起こる筋肉痛であり、一般的な筋肉痛とは、遅発性筋肉痛のことを指す。

遅発性筋痛が起こるしくみは段階的。

運動やトレーニングによって筋肉が強い力(筋力)を発揮すると、筋繊維から炎症反応が起こる。

炎症が起こるとその反応仮定でヒスタミンが分泌される。

ヒスタミンには痛みを引き起こす作用があるため、炎症部分に痛みが出る。

このような経路が遅発性筋痛の定説となっている。

筋肉痛が起こるしくみ②

近年、遅発性筋肉痛に関して新しい説が発表されている。

その説によれば、運動して筋肉が疲労すると、筋繊維も細胞膜の透過性(気体・液体・溶質・イオンなどを通過させる性質)に異変が起き、クレアチンキナーゼ(筋肉の損傷に反応する酵素)やミオグロビン(酸素を運搬するタンパク質)といった本来は細胞から出ないはずの物質が血管の中に入っていく。

血管に入った物資に血管内皮細胞が反応し、ブラジキニンという発痛物質を分泌する。

さらに分泌されたブラジキニンはそれを受容するタンパク質をもつ筋繊維に作用することで、NGF(神経成長因子)というタンパク質をつくらせる。

 

NGFには神経の反応を高める働きがあるため、センシタイゼーション(神経過敏)が引き起こされる。

つまり神経が過敏になることで、普段は感知できないレベルの痛みを、敏感に感じ取ってしまう、というわけである。

 

おそらく遅発性筋痛にも筋損傷をともなう場合と、ともなわない場合があり、ごく普通に起こる筋肉痛は後者でありと考えられる。

 

筋肉痛を回避する方法

運動による筋肉痛は、バーベルやダンベルを下ろすエキセントリック収縮局面で負荷をかけると起こりやすくなるため、エキセントリックの負荷を低減することで、ある程度抑制できる。

Access

拠点の所在地について分かりやすくご案内していますのでぜひご覧ください

概要

店舗名 TRANCE GYM
住所 新潟県燕市杣木2658
電話番号 0256-47-4182
営業時間 24時間年中無休


スタッフ対応時間 火曜〜土曜 10:30-13:30 / 15:30-22:30
祝日/日曜 10:30-13:30 / 15:30-20:00
※13:30-15:30はスタッフ対応外の時間帯です。

ノースタッフデー:月、その他(月曜日が祝日の場合、翌火曜日がノースタッフデーとなります。)
※その他不定休(GW、正月など)
※スタッフ対応時間のみご見学や体験が可能です。
最寄り 燕三条駅から車で10分

アクセス

ボディビルコンテストでの上位入賞経験もあるトレーナーが在籍していますので、シェイプアップからバルクアップまで幅広くサポートできます。これからワークアウトを始めるなら、まずは燕市に構えている拠点まで足を運んでみませんか。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事