Week

筋肥大に効果的なトレーニング頻度はあるのか?

筋トレは週にどのくらいの頻度で行えばいいのか?

これは、筋トレを始めた人が必ず突き当たる問題ではないでしょうか。

筋肉の回復を待つために中1日を開けて週3回。

いや、中2、3日空けて週2回など様々です。

また、個人の生活スタイルも左右されます。

日々の仕事や生活が忙しくて、筋トレにあまり時間がとれない。やめどきがわからず、とにかく毎日繰り返している。

つまり、これといった基準がなく、その答えが見いだせず”なんとなく”行っていることでしょう。

 

ここからは筋肥大の最大化に最も効果的な週単位のトレーニング頻度を、最新の知見から読み解いていきます。

 

筋肥大の決め手となる総負荷量は、『トレーニングの強度(重量)×回数×セット数』で導き出されます。

これを踏まえれば、週のトレーニング頻度を増やし、週単位の総負荷量を増やせば増やすほど、筋肥大の効果は高まります。

 

2016年、ニューヨークの研究科は世界で初めて筋肥大の効果と週単位のトレーニング頻度に関するメタアナリシスを報告しました。

彼らは、筋肥大の効果と週に頻度(週1〜3日)を調べたつの研究報告を解析し、

・週1日のトレーニングでは効果がない

・週に2日で筋肥大の効果が認められた

・週に3日でも同様の効果が認められた

と報告しています。

この結果から、週の頻度を置くし、週単位での総負荷量を増やすことによって、筋肥大の効果が高められることが示唆されたのです。

これをもとに、『筋肥大に効果は1回に総負荷量ではなく、週単位の総負荷量ではなく、週単位の総負荷量によって決まる』ことを示唆したのが、研究報告です。

 

トレーニング経験者を集め、頻度を週3回、週6回という2つのグループに分けた上で、すべての被験者にスクワット、ベンチプレス、デッドリフトを行わせました。

ポイントは、3種目ともに週単位の総負荷量が同じになるよう、強度(重量)と回数、セット数が設定されたこと。

頻度に違いはあれども、週単位の総負荷量は両グループとも同じにしたのです。

 

こうしたトレーニングを6週間継続し、トレーニング前後の筋肉量を計測した結果、両グループの被験者の筋肉量はともに増加を示したものの、グループ間で有意な差は認められなかったのです。

 

この結果から、筋肥大の効果は頻度ではなく週単位の総負荷量で決まる、つまり、週単位の総負荷量が同じであれば、週の頻度は3回でも6回でも効果に変わりはない、ということが示唆されたのです。

 

Access

拠点の所在地について分かりやすくご案内していますのでぜひご覧ください

概要

店舗名 TRANCE GYM
住所 新潟県燕市杣木2658
電話番号 0256-47-4182
営業時間 火曜〜土曜 10:30-13:30 / 15:30-23:00
日曜 10:30-13:30 / 15:30-20:00
定休日 月、その他(月曜日が祝日の場合10:30-13:30   15:30-21:30営業、翌火曜日が定休日になります。)
※その他不定休(GW、正月など)
※閉館時間の15分前までにトレーニング終了、閉館時間までの御退室をよろしくお願い申し上げます。)
最寄り 燕三条駅から車で5分

アクセス

ボディビルコンテストでの上位入賞経験もあるトレーナーが在籍していますので、シェイプアップからバルクアップまで幅広くサポートできます。これからワークアウトを始めるなら、まずは燕市に構えている拠点まで足を運んでみませんか。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事