Check

筋トレを続ける技術

筋トレを続けることができないのは”意思が弱い”のではなく、”意思を上手にマネジメントできていない”ため。

 

意志力をマネジメントする方法論をご紹介していきます。

(これが、科学的に正しい『筋トレの続け方』だ!第4章)

意志力を試す

ある研究科が、あるテストを行いました。

それは、

部屋にマシュマロが一つ置いてあり、子供に”マシュマロは食べてもいいが、15分間我慢できたらもう一つあげる”と言い残し食べるか我慢するか といったものです。

結果は全体の3分の2が我慢できずに食べてしまい、残りの1割が2つ目のマシュマロを手に入れることができました。

つまり、幼少期の時点でも意志力には、個人差があるのです。

 

意志力が弱くても、誘惑に負けない方法がある

2つ目のマシュマロを手に入れた子どもたちには、ある特徴があることがわかりました。

それは、マシュマロを気にしないよう、他のことに注意を向けているということです。

マシュマロの誘惑に意志力を消費しないために、別の行動をとっていたのです。

これに対して、テストに失敗した子どもたちは、じーっとマシュマロを見つめながら、その誘惑と戦い意志力を消耗させているのです。

 

ここから考案したのが『イフ・ゼン(もし〜したら、そのときには〜)実行プラン』であり、この効果を実証するために行われたのが『ミスター・クラウン・ボックス実験』です。

ミスター・クラウン・ボックスは木箱で作ったピエロの人形です。

箱の中にはおもちゃやお菓子が入っており、楽しげな音楽とともに子どもたちにこう呼びかけます。

『一緒に遊ぼう!とても楽しいよ!』作業をしていた子どもたちはすぐに作業をやめて遊び始めてしまいます。

そこで研究者は子どもたちに、もし遊びに誘われたら『仕事をしているから遊べないよ』というように言おうと指示しました。

このような単純なルールを決めただけで、誘惑に抵抗でき、作業を継続することができたのです。

これは誘惑に意志力を使って我慢するのではなく、あらかじめ『もし誘惑に直面したら、そのときは高行動しよう』と決めておくだけで、意志力を使わずに誘惑を回避できることを示しています。

 

明確な実行プランで意志力を消耗しない

筋トレを続けるという目標を設定したとき、そこには多くの誘惑が待っています。

仕事から家に帰って、ジムに行く前にソファに座ると、目の前にはテレビがあり、手元にはスマホがあります。

そこでついついテレビを見たり、スマホでSNSをしたり、そしてゴロゴロしているうちに時間が経過して、結局明日に回してしまいジムへ行くのをやめてしまいます。

しかし、これは意思が弱いわけではなく、そもそも人は筋トレするようにはデザインされていませんし、仕事で意志力を使いきっていれば、誘惑に抗うことなどできません。

 

では、どうすればいいのか。

まず、ジムに行くのを拒む『誘惑となるもの』を明確にしましょう。

この場合、ソファ、テレビ、スマホ誘惑のホットスポットになります。

次にこのようなイフ・ゼン・執行プランを書き出しましょう。

『家に帰ったら、ソファには座らずに、コーヒーを淹れる。コーヒーを飲んでいるときにテレビはつけないスマホをバックから出さない。コーヒーを飲み終えて、時間が来たらウェアを持って家を出る

これで無駄な意志力は使わずに、ただプランに従って行動するだけで、自動的にジムへ行くことができるのです。

これが筋トレを続ける解決策になるのです。

Access

拠点の所在地について分かりやすくご案内していますのでぜひご覧ください

概要

店舗名 TRANCE GYM
住所 新潟県燕市杣木2658
電話番号 0256-47-4182
営業時間 火曜〜土曜 10:30-13:30 / 15:30-23:00
日曜 10:30-13:30 / 15:30-20:00
定休日 月、その他(月曜日が祝日の場合10:30-13:30   15:30-21:30営業、翌火曜日が定休日になります。)
※その他不定休(GW、正月など)
※閉館時間の15分前までにトレーニング終了、閉館時間までの御退室をよろしくお願い申し上げます。)
最寄り 燕三条駅から車で5分

アクセス

ボディビルコンテストでの上位入賞経験もあるトレーナーが在籍していますので、シェイプアップからバルクアップまで幅広くサポートできます。これからワークアウトを始めるなら、まずは燕市に構えている拠点まで足を運んでみませんか。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事